オーディオを高価買取させましょう

高額査定のコツ

査定は高いほうが嬉しい、オーディオに限った話ではありません。

人間が査定するのですからきれいな状態の方が査定価格も高額になると考えるのが 当然で、そんなに丁寧にではなくてもいいので見積り前に簡単にお掃除しましょう。 ただし気合を入れて本気のメンテナンスを行う必要はございません。 汚れがあるからとゴシゴシ擦ったせいでキズがついてしまったり、溜ったホコリを 除去しようと分解したら収拾がつかなくなった、なんてことになったら意味が無い ばかりかマイナス査定になりかねません。 あまり無茶をせず、適度に汚れを落とす程度で充分でしょう。 査定ではそれよりも性能やメーカーを重視しますし、本格的に手入れをするのなら 買取してから業者が行うほうが安全で確実です。 オーディオはコレクターアイテムでもありますので、説明書や梱包されていた ダンボール箱もあったほうが高額査定に繋がります。 付属していたパーツも揃っていたほうがいいですし、むしろない場合はマイナス されると心得ておいたほうがいいでしょう。 自分が使わないパーツは捨ててしまう場合もありますので箱や付属品が欠けている 中古品も市場には流通していますが、ひとつ残らず揃っている品に比べると数割は 安くなってしまうので覚えておきましょう。 売る時には「そんな細かい事を気にするなんて、もっとおおらかな気持ちで取引 しようよ」と言いたくなりますが、買う立場になればその理由にも納得できるでしょう。 同じ値段なら一式が揃っている中古品の方が良いに決まっていますし、もしも パーツが欠けていたら値引きして欲しい、そう言い出すに決まっています。 なので将来リサイクルするつもりなら、箱や説明書は厳重に保管しておいて下さい。 大掃除をしていたら見つかった古いオーディオを不用だと判断してリサイクル ショップに買取依頼をする場合も注意して下さい。 付属品も一緒に発見されるかもしれないので、もしもあったのなら大掃除中でも 一旦捨てるのを保留して、見積りはセットで査定してもらいましょう。 ケーブルひとつで数千円になるかもしれませんので、慎重に周辺に仲間がいないかを 探索してよりよい条件で買取してもらいましょう。 売りに出すタイミングは、生産中止になっているようなプレミアムが期待できる 製品を除いて早ければ早いほど高値が期待できます。 多くの部品を使っていますし経年劣化していくので、全く使わないで物置に保管して おいても調子が悪くなる場合もあります。 不要だと思えたのなら早めに売る、これを基本姿勢にしておきましょう。 ただ市場での流通量によっては業者が買取を強化する製品もあり、そのタイミングで 買取価格が急上昇するケースも稀にあります。 しかしこれは素人には予想しづらいので、その期間に出くわしたら幸運だった、 くらいに捉えればいいのかもしれません。 年中リサイクルショプに出入りしていて品薄になりやすいのはどの製品か、中古でも 新品とあまり販売価格が変わらないのはどれか、そういった知識を身につけている 人なら買取強化のタイミングに合わせて行動することもできそうですが、同系統の マニアの知り合いがいないロンリーなオーディオマニアですと市場の動きに合わせて 売買することは難しいでしょう。 音質や風貌には拘るけどコレクターってほどでもないし相場には疎い、なんて方も 旬はいつなのか判断できませんし、素直にいらなくなったタイミングで売却しても そう困ったことにはなりません。 あとは業者によって優遇しているメーカー、力を入れている製品なんかはあるでしょう から、それを簡単にでも調べて、適所に持ち込むといいかもしれません。 手広くオーディオ全般を受け売れてくれるショップよりも、マニアックな専門店 の方が高価買取をしてくれるケースもあります。